セックスレス解消!セックスレスを乗り越えるため方法

夫婦でセックスレスを乗り越える

セックスレスを乗り越える

夫がインポテンツの場合、その原因のほとんどが精神的なストレスだと言われています。原因が解消されれば、インポテンツは治るということです。

 

そのためには、規則正しい生活を心がけ、暴飲暴食や変色をしないように食事にも気を配りましょう。ジョギングなどの軽い運動で、気分転換などを心がけましょう。

 

しかし、「それがなかなかできないから、ストレスがたまっているのだ」という人もいるかもしれません。そうなると、妻の協力が必要になってきます。

 

たとえば、仕事に疲れて帰っていたのに、奥さんががみがみと小言を言うようでは、ますますストレスはたまるのです。ご主人の健康を生活全般にわたって注意してあげるよう、奥さんが優しく接してあげれば、それが結果的には夫婦円満につながり、ストレスも解消するのです。

 

また、夜の生活でも奥さんのちょっとした気遣いが大切です。その時になって、ご主人のインポテンツが始まっても、間違っても「この役立たず」とか「もう年の性よ」などと露骨に罵倒するのではなく、「今日はたまたま疲れているからよ。お互いに元気の出たときにしましょう」などと優しく励ましてあげればそれだけで男は変わってくるものです。

 

このように、性の問題は夫婦で一生に考えていかなければ、計活するものも解決しません。奥さんに十分理解してもらうことが、インポテンツ解消の第一歩だともいえます。

 

マンネリには注意が必要です。最近では妻だけEDという言葉が言われるようになっています。

 

夫婦生活のマンネリについても、ちょっとした工夫で思わぬ効果を上げることがあるのです。

 

例えば、寝室の模様替えをしたり、枕もとの明かりをちょっと変えたりするだけでも随分印象が変わるものです。

 

 

時には、夫婦だけでホテルに泊まってみるのもいいかもしれません。日本の住宅事情を考えると、隣の部屋で子供が寝ているとか、性行為を思いきり堪能できる状況にはないようです。

 

 

そのため、一泊でもいいですから、のんびりとホテルに泊まって、夫婦水入らずの時間を作ることがマンネリ化を防ぐことに繋がるのです。

 

これは、若いカップルにもいえることです。子供がなかなかできないというときには、アパートが狭いとか、隣に親たちが寝ているとか、性行為に集中できないということがあります。

 

そんな時にはラブホテルでもいいから、ゆっくりしてくることです。それほど豪華なホテルでなくてもいいのです。随分と優雅な気持ちで夫婦生活を楽しむことができます。

 

性生活の危機

 

現代人の精子の数がどんどん減っているという報道と聞いたことがあると思います。国際機構の一つであるWHO・世界保健機構が報告しました。

 

これによると、成人男性が放出する妊娠可能雄な精子の数が5000万あったのが20年の間に2000万に減っていて、その運動率も下がってきているというのです。

 

精子の質も量も少なくなってきているのですが、そうなると、放出したいという欲求がなくなりますから、性欲の低下へと直結してしまうのです。

 

 

また、普通、自然な妊娠をするためには、最低でも1ccに4000万から5000万の精子が必要だと言われていますので、不妊症を嘆くカップルが増えているのもうなずけるかもしれません。

 

しかし、精子が減っている原因はまだよくわかっていません。一説にはストレスの増加や食品の問題、あるいはフィットしすぎる下着の性だとも言われています。

 

 

しかし、そのどれをとっても、現代ならでは問題が含まれているということは確実です。ストレスの増加は現代の下等な競争社会が生んだ副産物なのかもしれません。

 

 

また、最近パソコンや、インターネットが普及したおかげで、それに携わる男性にて句のストレスという新たなストレスが生まれ、それが原因でインポテンツや性欲減退を訴える人が急増しているという事実もあります。

 

 

精子の数が減っている問う調査結果は、そんな現代社会に対する、神様からの一つの警告かもしれません。

 

そんな中セックスレスという新しいライフスタイルが確立されつつあります。精子の数が減ったことが関係あるのでしょうか?

 

 

夫婦生活が全くないという、いわゆるセックスレスの恋人や夫婦が、新しいライフスタイルとして若者向けの週刊誌に紹介されていることがあります。

 

しかし、これは全くのナンセンスであります。性欲とは本能の一つであり、心身ともに健康な男女ならば、セックスをしたいと思うのは自然な欲求であります。

 

それなのにセックスレスとは、精神や肉体のどこかにゆがみがあるからに違いないのです。新しいライフスタイルなどと言うと、受け入れやすいですが、異常な関係だと認識するべきだと思います

 

 

異常と言えば、最近20代や30代の若者にも、インポテンツが増えていることをご存知でしょうか?一時流行語にもなった成田離婚とは新婚初夜で精巧に満足できなかったカップルのことです。

 

さわらな族という言葉も奥さんを抱くことができない20代30代の夫たちの呼び名です。

 

損暗若者たちにも広がったインポテンツの原因としては、教育ママの庇護の元過保護に育ったために、大人の成熟した女性との1対1で向き合うことができないせいだとか、性に関する情報が氾濫しているせいだとも言われています。

 

 

また、小さいときからファミコンやテレビで育ったために、テレビの中やアニメの少女には性欲が湧くけれども、生身の女性にはわかなくなったという人も現れています。